行ってみた!

写真教室


還暦で何かを始めようと思っていたのですが 60の手習いと言うことで写真教室を思いつきました。
何はともあれ参加してみます 参加者は若い女性3名 男は自分だけ 無料の体験写真教室です。
初めての事を始めるのはこの歳になってくると面倒臭いのです、しかし やらなきゃ始まらない。
と言う事で 課題に挑戦 A3位の紙の上にキューピーを載せて写真を撮る、QP全身を撮る 台紙からはみ出さない。
隅々まで気を配る事かな? 意外と難しい。

目から鱗とはいかなったのですが 面白そうなので取り合えず申し込んでみました。
新しいことは一歩を踏み出したら意外と楽しくて 違った面が見えてくるかも? 期待大!
スポンサーサイト

可哀想な事を

復活

何と言う事でしょう、二日留守にした間に 萎れてしまいました。 
廿日大根 大根はあきらめましたが何とか葉っぱだけでもと思い 水をやってみました。

結果!
P2190386.jpg

一晩で復活 正直なものでピンピンな状態に 間引きの失敗だと反省しています。
カミさんが言うには 全部抜いてやり直せば だって!

>三分割
IMG_7456.jpg

IMG_8302.jpg

IMG_8307.jpg

伸びすぎたコーヒーの木を三分割 後は木の生命力だけが頼りなのですが?? 
さし木なんて初めて ダメ元なのですが木にとっては不幸な事なのか? 何事も実験!

スキーツアー

万座温泉スキー場


リフトの営業前  朝日を浴びて綺麗です。
P2170355.jpg

今季初のスキーです。 万座温泉スキー場 二年ぶりですが ここは温泉が最高 ゲレンデはイマイチですが。
とは言いながら リフトの営業開始から終了まですべり通し、 東京では 春一番が吹いたそうですが、スキー場も暖かく
風が強く吹雪いていました。 午後はミゾレのような状態で最悪の状態。

P2170360.jpg
女子高校生 大学生の団体さんが居て それなりに活気があるゲレンデ、やっぱり歓声があがるゲレンデは良いものです。
最近は静かで リフト待ちもほとんどない活気のないゲレンデばかりなのです。 土日はどんな感じなのかな?

温泉はこの山のお蔭だと思います。 浅間山!
IMG_8250.jpg

IMG_8242.jpg

万座温泉は標高1800m 雲上の温泉は最高です。
しかし今回は写真撮影・スマホの持ち込みも禁止となっていました。 何故なら混浴なのです! 何かやったのだろうな?

日本三大うどん? 水沢うどん
IMG_8256 - コピー

P2180375.jpg

讃岐うどん 稲庭うどんは決まり 三番目は 水沢うどん・五島のうどん・伊勢うどん・きしめんと三番目は決まってないような?

そんな訳で確かめに行ってきました。

P2180374.jpg

下仁田ネギの煮込み これは美味い! 結論 インパクトが薄い 伊勢うどんの様な個性が無い・・・ です。

五徳山 無量院水澤寺
IMG_8268 - コピー

IMG_8269.jpg

饂飩屋さんの側のうどん屋さんなのか お寺の側のうどん屋さんなのか 門前の街として栄えたのでしょうね?
佇まいの良いお寺さんで 鐘はつき放題のような感じでした。 年寄りのスキーはこんな物なのです。

出張

仕事は琵琶湖湖畔

今年初めての出張です、自分が居ても何の役にも立たないのですが一応監督?として参加です。
長浜ヨットハーバー
P2150257.jpg
最近の雪ですっかり北国仕様のヨットハーバーになっていました、近くのホテルに泊まっているのですが初めてこのハーバーで動いている船を見ました。
どこでも好事家はいるもので 頑張ってますね!
P2150236.jpg
P2150242.jpg
P2150260.jpg
P2150295.jpg
P2150299.jpg
ナウティキャットでしょうか? ショートセイリングを楽しんだようでした。中々 乗りこなしていて絵になる景色と同化していました。
やっぱり 琵琶湖の雪景色は最高にきれいです。
時間調整
P2150306.jpg
P2150329.jpg
P2150330.jpg
翌朝
P2160334.jpg
最終確認をして終了です、新幹線で昼前には東京に着きます、せっかく ここまで来たのだから寄り道したいものですが?
京都 北陸どちらも東京より近いのですが?
新幹線から
P2160342.jpg
P2160350.jpg
伊吹山と富士山、関が原を境に天候が一変します。
日本海側と太平洋側の違いがくっきり出ます。

胡蝶蘭

やっぱり!


やっぱり 死んでしまいました。 植物を育てられない我が家に来てしまった胡蝶蘭の悲劇と言うべきか?

しかし
P2120223.jpg

P2120222.jpg

鉢の中は凄い事になっていました、造られた植物なのです。 こんな事になっているとは知らなかったです。

何となく これを見た瞬間やっぱり 育てるのは無理だろうなと納得してしまいました。 バブリーな花なのです、胡蝶蘭。